料理・手づくり

2013.09.30

ママフォトグラファーのはなし 最終回「後ろ姿」

12-1.JPG

近所のお友達の家でワンちゃんを飼い始めたというので、
予防接種などいろいろ終わった頃を見計らってご対面させてもらいました!
ケージから恐る恐る手を入れる息子。
ちっちゃくて、か、カワイイ・・・♡



こんにちは! 志田三穂子です。
この連載、今回でひと区切りとさせていただきます。
今までお読みいただいたみなさま、どうもありがとうございました!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後ろ姿

実は、子どもの後ろ姿にも、表情があるんですよ。

デジカメは、ガンガン撮っていらない写真は消せばいいので、
ふだん撮らない瞬間、アングルも、いろいろ試してみましょう!


下の写真は、窓ごしのやわらかい光がさしこむ窓辺で、
外をのぞいている 子どもの背中。
逆光の光がやわらかく回り、光に縁どられるような後ろ姿です。

たまたま加湿器の蒸気がふわりと入って、
光とあいまって幻想的な感じになりました。

前の回でも出てきましたが、逆光の場合は、
カメラが画面を明るいと判断して暗く調整してしまい、
子どもが暗く写ってしまうので、露出補正が必要になります。

12-2.JPG


下の写真は、窓からのぞいていた後ろ姿から、
こちらに気をとられて振り向いた瞬間です。

ふりむきざまの顔も、自然な表情が出るので、
後ろ姿に呼びかけてみて、ふとした表情を切りとってみても、
いつもとちがう写真になると思います。

12-3.JPG


後ろ姿だと、何かに向かっていく方向も表しやすいですね。
フリスビーを追いかける、仲のいい兄弟の様子もばっちりです。

12-4.JPG

きょうだい、親子のふれあいを写すときにも、
後ろ姿にすると、少しストーリーを感じさせる写真になると思います。


12-5.JPG

上の写真のように子どもの動きがあるときは、
シャッター速度が遅いとぶれてしまいます。

晴れた屋外ならP(プログラムモード)でも大丈夫だと思いますが、
少し暗めのときは、カメラのスポーツモードや
シャッター優先モードなどを使って、
シャッター速度を速くして(1/250より速ければ、たいてい大丈夫でしょう)撮れば、
動きを止めることができます。

わざとブレで動きを表現したいときは、
逆にシャッター速度を遅くします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後ろ姿の、応用版。

子どもって、鏡が大好き。

カメラに抵抗がある子どもでも、鏡をのぞきこめばいい表情が出ることも。
下は、鏡をのぞく後ろ姿をぼかして入れつつ、
鏡に映った顔もばっちりの写真です。
鏡ごしの撮影は、鏡に映った姿の方に、
いつものようにピントを合わせればOKです。

12-6.JPG



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真を撮る手順をおさらい!

1.まず、レンズを選んで
 背景をたくさん入れたいなら 、広角レンズ
 子どもをメインに、後ろをぼかしたいなら 標準~望遠レンズ

2.光をチェック
 光が強すぎないか、どこからあたっているか。
 逆光の場合は、暗くつぶれているところを
 レフ板やフラッシュ、カメラの補正機能で明るく補正する。

3.露出(絞りとシャッタースピード)を決める
 明るくするのか、暗くするのか。
 また、絞りを絞って全体にピントを合わせるか、
 開けてピントの合っていない部分をぼかすか。
 動きがある場合は、シャッター速度を速くする。

4.カメラをかまえて、ファインダーで構図を決める
 写真で何を見せたいか。
 そのために、余分な部分をどこまで切りとるか。 

5.ピントを合わせる
 ピントを合わせる部分とぼかす部分のメリハリをつけて。
 子どもの顔を撮るときは、目にピントを合わせて。

6.さあ、シャッターをきりましょう!  
 カメラは、わきをしめてしっかり構えて、ブレを防ぎましょうね!  

※補足 
 最初のワンちゃんの写真で、
 ケージの中のワンちゃんの目にピントを合わせていますが、
 ふつうにAF(オートフォーカス、自動ピント合わせ)で撮ると、
 ピントはケージに合ってしまします。
 こんなときに、MFで(レンズを回して手動で)ピント合わせをおこなうと、
 ワンちゃんの目にばっちりピントを合わせることができます。



子育ては楽しいことばかりじゃありませんが、
パパ、ママがカメラをもつことで、また写真を残すことで、
少しでも楽しみが増えたらいいなあと思います。

ぜひこれからも写真を楽しみながら撮ってくださいね!




第1回「瞳のこと」はこちら
第2回「レフ板のこと」はこちら
第3回「表情のこと」はこちら
第4回「レンズのこと」はこちら
第5回「バースデーケーキ」はこちら
第6回「ピントのこと」はこちら
第7回「ボケのこと」はこちら
第8回「露出のこと」はこちら
第9回「構図のこと」はこちら
第10回「部分(パーツ)を撮る」はこちら
第11回「スクラップブッキング」はこちら



しだみほこ/横浜市生まれ。雑誌・広告、カレンダー、ポストカードの撮影に加え、
2011年より、子どもをより自然に撮影する一軒家撮影「kids photo lumiere」を始める。
2児の母。著書に、世界各地にテディベアを連れていき撮影した写真集
『ごきげんテディ』『Cuddly Bears』。
キッズフォトルミエールブログ http://lumiere65.blog.fc2.com/
キッズフォトルミエールfacebook http://www.facebook.com/kidsphoto.lumiere

Prev

Next

MOE最新号

MOE 2013年12月号

大特集 「絵本の力」皇后美智子さまが子どもたちに贈られた絵本

Books

かぞえてみよう

親子であそびなら、数字やどうぶつをおぼえられる、はじめての「かず」のえほん!(さく・さかざきちはる)

しばわんこドリル~はる なつ あき ふゆ~

しばわんこできせつをたのしくおけいこできる!かわいいおりがみつき。(絵・川浦良枝)

うんこしりとり

こいぬのうんこ→こうちょうのうんこ→...エンドレスにつづくよ、うんこしりとり。このつくうんこを だしきろう!(tupera tupera/作)