料理・手づくり

2013.06.27

奥山佳恵の『たのしむこそだて』第29回「パイの、あの実風」

title.jpg

みなさま、こんにちは! (・∀・)ノ
いつも御覧いただいてありがとうございます!

ちかごろ、「再現レシピ」をテレビや本屋さんでよく見かけます。
お外で食べるのもたのしいけれど、おうちで「お店屋さんの味」を
再現できたら、なおたのしそうー!

よりリラックスするし、子どもが騒いじゃっても気にならないし、節約にもなるっ!
ただ・・・再現できるだけの技量があれば、ですが。←私の場合はそこが問題。

でもっ、ひとりでキッチンでアクセクがんばるより、せっかくですもの。
そこは子どもも巻き込んで、みんなの力で「再現」できたらサイコー!!

と、いうことでしばらく「再現シリーズ」にチャレンジしたいと思います!!
チャレンジ、というか、ほとんど実験に近いのだけれど。テヘヘ!!(;´▽`A

みなさまには、私のドジな失敗(作る前から予感あり。たぶん毎回します。笑)を
しっかり御覧いただいて、私の失敗を踏み台にし、大成功していただければ幸いです!

今回は、私も子どももだーいすきなお菓子、「パイの、あの実風」を作りたいと思います!

私が子どもの頃からあるロングセラーなお菓子。相変わらず、いつもおいしい♪
おうちで子どもと「パイの、あの実風」が作れたらしあわせー!

材料はシンプル。だいたい、25個ぶんくらいの量で

★冷凍パイシート 2枚
★板チョコレート 1枚
★溶き卵 1/2個分
★グラニュー糖 大さじ2

まず、冷凍パイシートを室温に置いて、解凍しまーす!
そのあいだに、板チョコをパキポキと小さくカットしておきます。

パイシートがやわらかくなったかな?と思ったら、めん棒で軽く伸ばして広げていきます!
pa1.jpg












生地を伸ばしてくれているのは、空良のお友達の女の子。
世界地図みたいなカタチになったねー! (≧▽≦)

続いて、もう1枚のパイシートを伸ばします。こちらは、
1枚目のパイシートよりひとまわり大きくなるよーに、のばし広げます!

pa2.jpg












空良が担当。はりきって「ウォリャーーー!」
男子のかっこよいところ、見せどころだね♪
pa3.jpg












子どもたちのおかげで、パイシートがステキにのび広がりました♪


小さめのパイシートの方に卵黄をぬり、
フォークでぷすぷすと穴を開けていきます。

こういう、「穴をぷすぷす開ける」作業って大好きだよね、子どもたち。

pa4.jpg












勢いよく「ぷすぷす」してくれました。
もうー、開けすぎっ!!っていうくらい。(;´▽`)

そして、卵を塗って穴を開けたパイシートに、間隔をあけてチョコレートを置いていきます!

子どもたちにあらかじめ「どんな型のパイにするか」を決めてもらって、
その型の大きさに合わせて、チョコを置いていくとスムーズです。(・∀・)ノ

ほんとはー、「パイの、あの実風」に近づけるべく、六角形の型が希望なんだけれど
近所のお店屋さんでは見つけられなかったので、おうちにある型で代用しましたっ!

子どもたちに好きな型を選んでもらったよ。結果、この方がたのしいかも♪
空良は宇宙がだいすきなので、やっぱり「星」型を選んでいました。
お友達の女の子は、かわいらしく「お人形」型。

「星」と「お人形」の型をいったんパイシートの上におき、
型の大きさに合わせてチョコを置いていきます。
pa5.jpg












空良とお友達と、代わる代わるやっている。

・・・けれど、だいじょうぶなんだろうか?

このあと、この、チョコを置いたパイシートの上に、もう1枚のパイシートを重ねて
しっかりと貼付けたら、表面にも溶き卵をぬり、グラニュー糖をふりかけて
上から型をくり抜いていくんだけれど・・・

それぞれ、どの場所が星で、どの場所がお人形なのか、
ノーヒントの状態でわかるのかなあ・・・?(ノ´▽`)ノ
pa6.jpg












すごい!! ちゃんとわかっている!!
私が心配していたより、子どもたちって頭いいー!

しかし、やっぱり相談しながら「ここ、ボクだっけ?」「私じゃなかった?」
なんて言い合いながらだっので、時間がどんどん経過していってしまい・・・

pa7.jpg












パイシート、ドロンドロン。
2枚しっかり張り付いていないし!
pa8.jpg












このお人形なんて、もう1枚のパイシートすら付いていないー!
pa9.jpg












ヒー!」しかたがないので、はがす。。。
そして手で、上からそっとくっつけました。
く。くっつくといいんだけれど・・・! (ノДT)

残ったパイシートは、中にチョコを入れて、こねこねまるめて
おだんごみたいにしてみました。こちらにも、上から卵黄とお砂糖を。
pa10.jpg












おだんごにも、バラバラになりかけの星やお人形にも、
表面に竹串やスティックなどで4ヶ所、穴をあけます!
pa11.jpg












こうすると、穴が空気の抜け道となってパイシートがほどよくふくらむんだってー!

う。うまくいけば・・・!! (TωT)
pa12.jpg












すべて、作り終えました!

とっても不安な仕上がりです。笑
子どもたちも心配そう。「パイシート、完全に離れていたし・・・」

まあまあまあ! やるだけやってみよう! 焼くだけ焼いてみようー! (ノ´▽`)ノ

クッキングシートの上に乗せて、200度に熱したオーブンで、10分焼きます!

できあがるのを、こんなにドキドキしながら待つことって、あまりない。
いつもだったら、このできあがりを待つのは「ワクワク」なのですが、
今回は、だいじょうぶなんだろうか?の「ハラハラ」の方。

チン! できあがったパイを見てみると・・・
pa13.jpg












思っていたより、上出来でした!!! やったー!!!

とたんに輝く、子どもたちの笑顔。うれしいー!

「じょうずに出来ないかも」のマイナスからのスタートなので、喜びも驚きも、倍増!

よかったー! ちゃんとふくらんでいる。くっついている!
すごいぞ、パイシート!! これは私たちのテクニックじゃない。パイシートのお手柄です!

「このお人形なんて、ふんぞりかえっているー!」大笑いする、お友達。
pa14.jpg












ほんとだ、エラそうな態度でふくらんでいるねー!


「星がつながっているのもあるよー!」と空良。
pa15.jpg












ほんとだ! 流星群みたいだね!
pa16.jpg












チョコ、はみだしまくりですが
みんなニコニコ、うれしそう!

パイ生地もサックサク。とってもとっても、おいしかったです!!

今回、学んだ教訓としては・・・

冷凍パイシートは、解凍したら時間がたてばたつほど
ビロンビロンになってしまうので、室温に5分ほど置いたら、すぐに開始!
そして、なるべく時間をかけずに作業を進めた方が、きっと「型抜き」がラク。

2枚のパイシートを合わせたら、指先でチョコレートのまわりをグッと押さえて、
生地と生地をしっかりとつけてから、チョコが型の中心にくるように型抜きをすると
より「パイの、あの実風」になる・・・らしいですっ! (°∀°)b

今回は「再現」できた! というより、
見た目は全然ちがうものになりました。笑

でもねっ、味は「パイのあの実」に近かった!
とってもおいしかったし、たのしかったー♪

なので、これはこれで大成功ということにしたい。・・・そうさせてください!

次回の再現チャレンジでは、どうか味も見かけも、大成功となりますようにー!!

パイの実.jpg

おくやまよしえ(女優・タレント)/東京都生まれ。1992年、映画「喜多郎の十五少女漂流記」でデビュー。
2001年に結婚。翌年、長男を出産。一昨年秋に次男を出産し、現在は2児の母。
NHK「すくすく子育て」、TBS系ドラマ「キッパリ!」主演を経て、テレビ、ドラマ、雑誌などで活躍中。
特技はイラストを描くこと、手芸。
奥山佳恵のてきとう絵日記

Prev

Next

MOE最新号

MOE 2013年12月号

大特集 「絵本の力」皇后美智子さまが子どもたちに贈られた絵本

Books

かぞえてみよう

親子であそびなら、数字やどうぶつをおぼえられる、はじめての「かず」のえほん!(さく・さかざきちはる)

しばわんこドリル~はる なつ あき ふゆ~

しばわんこできせつをたのしくおけいこできる!かわいいおりがみつき。(絵・川浦良枝)

うんこしりとり

こいぬのうんこ→こうちょうのうんこ→...エンドレスにつづくよ、うんこしりとり。このつくうんこを だしきろう!(tupera tupera/作)