料理・手づくり

2013.05.30

奥山佳恵の『たのしむこそだて』第27回「おもてなし冷やしトマト」

title.jpg
みなさま、こんにちは♪(・∀・)ノ
いつも御覧いただいて、ありがとうー!

先日、いつもお世話になっているお料理教室の先生宅へおじゃましたら
こんなにかわいい「冷やしトマト」をごちそうになりました!!
トマト1.jpg












その見た目は、まるでデザート!
中には具も入っていて、びっくりおいしい!

おしゃれでかわいくて、とってもおいしい。
おもてなしお料理にピッタリです! (@^▽^@)ノ

感動したので、作り方を伝授していただきました♪

そして、いもうとが遊びに来てくれることになったので
空良といっしょに、さっそく作ってみることにしたよー!

「ママって、いっつもそう。いきなり本番。
 ママのそういうところ、根性あるなあーって思うよ。」

根性って・・・。(・・;)

それを言うなら「度胸」じゃないか?
とも思いましたが、そっと聞き流しました。笑

ほんと、私のこういうところ、度胸も根性もあるなあーと自分でも思う!

いきなり本番の「おもてなし料理」ですが、
失敗をおそれず♪レッツ・クッキングー!

材料は、コチラ! (ж>▽<)y ☆
トマト2.jpg












トマト
キュウリ
玉ねぎ

主な具材は、以上。シンプル!

キュウリと玉ねぎの量は、トマトの大きさに合わせます。

今回は、おもてなしにピッタリ?な、ハートのトマトを選びましたー。
と、いっても完成したときに「ハート」ってわからないんだけれどね。
気持ちです、気持ち。(´∀`)

さて! 作っていきます!

トマトは皮を湯むきするので、
お鍋にトマトがつかるくらいのお水を入れて、湧かしておきます。グツグツ。

その間に、キュウリと玉ねぎをそれぞれみじん切りにします。
それを、マヨネーズで味付けしておきまーす。
トマト3.jpg












ぐるぐる、まぜまぜ。
これで、中に入れる具の完成!

お鍋のお湯がわいたら、
トマトのおしりに十字の切り込みをいれて、
十字の中心部にフォークをつきたてた状態で、
お鍋にトマトをドボン。
トマト4.jpg












30秒くらい、グツグツさせたら引き上げて
冷水につけるとツルルン! と皮がむけるそうです。

「そうです」というのは、その方法を今さら調べたから・・・。

私は、皮の見た目がベローンとなるまでお鍋でグツグツさせていましたっ!
↑ まあ、これでも皮はとれたけれど、時間がかかっちゃいました。(^▽^;)

ベロローンと皮がむけたら、ヘタの部分をとって中身をかるくくりぬきます!
くりぬいた部分のトマトは、テキトーにパクパク、その場でつまみ食い。

ここは空良の出番。くりぬく量、具の詰め方は、お好みでー♪
トマト5.jpg












工作みたいで、とってもたのしそう!
「おいしいって言ってもらえるといいなあー♪」

かわいいことを言っていますが、その様子を見ていると
ハートの形のトマトなので
トマト6.jpg












だんだんおしりに見えてきました。笑

具材が詰め終わったら、それをドーン! とひっくり返します。
この作業はオトナの私がやります。しんちょうに・・・
トマト7.jpg












ドーン! せいこうー!

さあ、あとは仕上げのソース作り♪
この味付けも、空良に担当してもらいます!

先生からは、ソースの「材料」だけを教わりました。
「えーーーっ。ぼく、わからないよ!」とまどう空良。

だいじょうぶ、だいじょうぶ。味見をしながら
「これ、おいしいかな?喜んでもらえるかな?」って
考えながら、味を「作って」いけばいいんだよ。

さあ、五感を研ぎすましてチャレンジしてみよー! (・∀・)

材料はコチラ。
トマト8.jpg












マヨネーズ
お酢
生クリーム
塩、こしょう

マヨネーズをベースにして、お酢で少しのばします。
そして「すっぱかったら、生クリームを入れて調整するのよ。」とのこと!

材料をまぜて、ペロッと味見。「マヨが多い気がするー」と空良。
お酢を入れて「すっぱくなりすぎた!」
生クリームで微調整。「ふむふむ。」

その姿、科学者みたいに見えてきた。
白衣を着せたい。かっこいいー!

「これ、かなりおいしいかも!」
仕上げに塩とこしょうで味をひきしめて、
空良の味覚のみで作ったソースの、完成ー!
トマト9.jpg












トマトの上からかけていきまーす!
トマト10.jpg












ドドーン!と、できあがりーっ!


・・・いやいや。待てよ。
完成しましたが、ここまで作ってみて改めて思った。

トマトを十字に切り込むの、ヘタ側の方がいいね!
だって、トマトのおしりを最終的には上に向けるし。
しかも、ヘタに切り込みを入れた方が、
後でくり抜くときもラクなはず。。。

そう思ったら、もう1度作ってみずにはいられない。

いもうとの分だけ作るつもりでいたのですが、
違う方法で私たちの分も作ってみよー!
トマト11.jpg












トマトのヘタ側に十字の切れ込み!

この切れ込み部分にフォークをさして、熱湯に入れて・・・
トマト12.jpg












皮をむいたら、取りにくいヘタは、ナイフを使ってぐるっとカット。
うん。この方がとってもすばやい! (・∀・)
なんで気が付かなかったんだろう~。

あとは空良に、スプーンで中身をくり抜いてもらって~以下、同様。

2回目の方法で作った「私たち用のトマト」、すっごくキレイに仕上がりました!!
トマト13.jpg












「おもてなしトマト」のハズだったんだけれど、
いもうとのトマトが「練習」みたいになっちゃった。笑

やっぱり、空良の言う通り、
いきなり本番の私の「根性」って
どうかしているということです。(^▽^;)

あとは冷やして、みんなでそろって「いただきます」!

「このソース、空良の味覚だけで作ったんだよ!」
おどろくいもうと。「すっごいねー!」
「えへへー」テレまくる空良。

とってもおいしく出来ていました。
すばらしいです! まかせてよかった! (・∀・)ノ

その、うれしそうな誇らしげな顔が見たいから
ママといっしょに、どんどんチャレンジしていこうね!!

これからの季節に「冷やしトマト」のおもてなしはピッタリだと思います♪
カンタンだし、あっという間に作れちゃうので、ぜひお子さんと作ってみてね!


冷やしトマト.jpg


おくやまよしえ(女優・タレント)/東京都生まれ。1992年、映画「喜多郎の十五少女漂流記」でデビュー。
2001年に結婚。翌年、長男を出産。一昨年秋に次男を出産し、現在は2児の母。
NHK「すくすく子育て」、TBS系ドラマ「キッパリ!」主演を経て、テレビ、ドラマ、雑誌などで活躍中。
特技はイラストを描くこと、手芸。
奥山佳恵のてきとう絵日記

Prev

Next

MOE最新号

MOE 2013年12月号

大特集 「絵本の力」皇后美智子さまが子どもたちに贈られた絵本

Books

かぞえてみよう

親子であそびなら、数字やどうぶつをおぼえられる、はじめての「かず」のえほん!(さく・さかざきちはる)

しばわんこドリル~はる なつ あき ふゆ~

しばわんこできせつをたのしくおけいこできる!かわいいおりがみつき。(絵・川浦良枝)

うんこしりとり

こいぬのうんこ→こうちょうのうんこ→...エンドレスにつづくよ、うんこしりとり。このつくうんこを だしきろう!(tupera tupera/作)