料理・手づくり

2013.01.29

奥山佳恵の『たのしむこそだて』第19回「ヘルシー♪ おとうふトリュフ」

title.jpg
みなさま、こんにちはー! (・∀・)ノ
いつも御覧いただいて、ありがとうございます!

ビックリしました。なにがって、ついこの前までお正月だったのに
もう世の中の気持ちはバレンタインへと向かっているからですーっ!

なんて、まいにちの早さ。これでは、もう間もなくお正月です。来年の。
うっかり大みそかを迎えないように、時間に追いついていかないとーっ!

と、いうことできょうは、私にしてはめずらしくひと足はやく
「バレンタイン」を意識した「子どもとたのしむ」です♪

あまくておいしくて、しかもカンタンに作れるものがいいなっ!
さらに、ヘルシーでカロリーが抑えられていたら、うれしい。
なおかつ、子どもといっしょに楽しんで作れるものー♪
そんな欲張りなスイーツなんて、あるかなー?

と探していたら、ありましたっ! (・∀・)ノ

「お豆腐トリュフ」ですっ!!

材料はコチラー★
おとうふ1.jpg


上新粉 20g
絹ごし豆腐 150g
チョコレート 板チョコ3枚(約150g)
ココアパウダー 適量



これで、約20~25個分のトリュフチョコが作れまーす♪
板チョコは、各社いろんなお味を取り混ぜてみました!
3枚のうち、1枚「ビター」を入れたのがポイント♪

それにしても、お豆腐+チョコレート+上新粉?
きっとそれぞれ、いっしょになるのははじめましてだよね。

この材料で、どんなトリュフになるのかなー?きょうもたのしみ!

まずは、チョコレートをパキポキとテキトーに折って
耐熱容器に入れて、レンジで1分ほど加熱します。

もともとのレシピでは「完全に溶けるまで少しずつ様子を見ながら加熱」。
ちなみに、加熱しすぎるとチョコはバサバサになって、
しかも元には戻らないんだってー! こ、こわいっ。

スイーツってこういう、ちょっとした「加熱加減」がムズカしいよね。

そこで実験。
「1分だけ」チンをした、
これくらいの、ちょいトロ~くらいで作ってみたよ。
おとうふ2.jpg








だいじょうぶ。完全に溶かさなくても、これくらいのままでOKでしたっ!
そのあと、自然と余熱で溶けちゃうから♪(´∀`)ノ
ご心配な方は完全に溶かしてね!

レンジでチョコを1分、チンをしている間に
ミキサーやハンドブレンダー、フードプロセッサーなどで
絹ごし豆腐と上新粉を、なめらか~なクリーム状にします!
おとうふ3.jpg








トロけたチョコに、クリーム状にしたお豆腐&上新粉を入れて、ゴムベラなどでまぜまぜ。
おとうふ4.jpg








完全にまざったら、ラップをしてレンジで「2分」加熱します。
2分後に現れた、その姿は・・・
おとうふ5.jpg








い。いきなり、モッチリ気味!!

なめらかさがカケラもない感じー!

一気に不安になりましたが、気を取り直し。
容器の底から全体を混ぜ合わせます。まぜまぜ・・・

すると、だんだん「しっとり」してきました。ホッとしたー!

仕上げに、再びラップをしてレンジで「30秒」チン。いってらっしゃい!

そして、あら熱をとったら冷蔵庫へ♪
冷えると扱いやすい固さになるので、
コロコロと成形をしていきます。

さあー、ここからがいよいよ、子どものでばーん! (@^▽^@)ノ

基本的な「トリュフ」の作り方を教えたよ。

といっても、とってもカンタン。こーやって、
手のひらでコロコロと丸めていけば出来上がりー♪

・・・と、伝えたら息子が。

「丸じゃなくても、いいの?」

でたーーー! 天才的な、その発想ー!

「いいよ、いいよ! なんでも、好きなよーにするといいよ。」

ここはもう、まるごと「おまかせ」することに。そして見守っていたら、
おとうふ6.jpg








「シカクにサンカク、それから、ギザギザ~」

とってもたのしそうでした。そして、自由だ。

中でもとりわけ、異彩をはなっているのは・・・
おとうふ7.jpg






タイトル「UFO」。

トリュフが、ついにUFOにー!!
オトナでは考えつかないカタチです。

全体的には、こんな風に仕上がりました!
おとうふ8.jpg








なんだろ、コレ・・・。(^▽^;)トリュフ?

成形が出来たら、ココアパウダーをまぶして
おとうふ9.jpg








できあがりっ! (≧▽≦)

ワクワク、いただいてみました。

ムキャー!!カタチはフシギだけれど
ものすっごい、おいしい!! (ж>▽<)y

ひとくちかじると、ちゃーんと中は「トリュフ」!
フワッ、としてホロッ、ととろける、あの感じー!

これ、お豆腐なんだよー。と言ってもぜったいにわからないよ!
お豆腐の香りもまったく感じません。元々のレシピによると、
混ぜた「上新粉」がお豆腐の香りを消してくれるのだそう。

すごいぞ、上新粉! あんなにわずかな量なのに素晴らしいお仕事ぶり!!

・・・そこで、私にフツフツと疑問が。

いま、我が家には「だんご粉」もあるんだけれど
他の粉で作ってみたら、食感はどう変化するんだろう?

なにも変わらないのかな?上新粉ではなくても、代用出来るのかな?

そう思ったら、いてもたってもいられなーい!

半量で、作ってためしてガッテン! してみましたっ!
おとうふ10.jpg








ココアのタイプも変えてみたよ。

ドリンク用のココアではなく、製菓用のココアパウダー!

「だんご粉&ココアパウダー」バージョンで出来上がったのは、こちらー!
おとうふ11.jpg








見た目、かんっぜんにトリュフチョコ!

あ。ていうかそれは、成形の仕方しだいか。
子どもではなく、凡人の私が丸めたので・・・(;´▽`)

「製菓用のココアパウダー」の方が、チョコになじみやすくて美しい仕上がりです!
なのでこれまで作ったお豆腐トリュフにも改めて、ココアパウダーをまぶしたよー。

さてっ。気になる「だんご粉トリュフ」、お味の方は?(・∀・)


・・・・・「おモチ」でした。笑

なんでこーもちがう?とビックリするくらい、ちがうっ!
「だんご粉」だと、「トリュフ」というより「チョコだんご」。
モッチモチ感が一気に強まります。見た目だけはトリュフなんだけれど!

おもしろいね。やっぱり「上新粉」が良いみたい。

ちなみにね、一般的なトリュフチョコを作る場合は
「生クリーム」を使用するんですって!

このトリュフは、生クリームの代わりに
「お豆腐+上新粉」を使用するので、とてもヘルシー!

「おいしいだけじゃなくて、ヘルシーだから安心して食べられるんだよ。」

甘いものがだーいすきなダンナさんに言ったら、
それまでチビチビと食べていたのに、
急にうれしそうに、パクパク!

「おいしい、すっごくおいしいよー!」

「カロリー低め」っていう安心情報は、
「おいしさ」も加速させてくれるのかな?(´∀`)笑

おいしくってヘルシーで、なによりとってもカンタンな手作り。うれしーい!
男性陣だけではなく、女子も子どもも、みんなでおいしくいただきたいね!
おとうふ12.jpg








ハッピーバレンタイーン!

おとうふトリュフ1.jpg

おくやまよしえ(女優・タレント)/東京都生まれ。1992年、映画「喜多郎の十五少女漂流記」でデビュー。
2001年に結婚。翌年、長男を出産。昨年秋は次男を出産し、現在は2児の母。
NHK「すくすく子育て」、TBS系ドラマ「キッパリ!」主演を経て、テレビ、ドラマ、雑誌などで活躍中。
特技はイラストを描くこと、手芸。
奥山佳恵のてきとう絵日記

Prev

Next

MOE最新号

MOE 2013年12月号

大特集 「絵本の力」皇后美智子さまが子どもたちに贈られた絵本

Books

かぞえてみよう

親子であそびなら、数字やどうぶつをおぼえられる、はじめての「かず」のえほん!(さく・さかざきちはる)

しばわんこドリル~はる なつ あき ふゆ~

しばわんこできせつをたのしくおけいこできる!かわいいおりがみつき。(絵・川浦良枝)

うんこしりとり

こいぬのうんこ→こうちょうのうんこ→...エンドレスにつづくよ、うんこしりとり。このつくうんこを だしきろう!(tupera tupera/作)