料理・手づくり

2012.10.26

奥山佳恵の『たのしむこそだて』第13回「恐竜たまご」

title.jpg

みなさま、こんにちはー! (・∀・)

いつも御覧いただいてありがとうございます!

きょうは「お料理」というよりも・・・
「実験」に近いものを作ってみよーと思います!

参加してくれたのは、ウチの子を含めた3人の子どもたち。
子どもたちには、この実験がどーなっていくものかを伝えていません。
ていうか、私にもわかりません!!! (ノ´▽`)ノ
みんなでワクワクドキドキしながら
きょうもレッツ・クッキング!

材料は、たったこれだけ。
恐1.jpg



玉ねぎ
アルミホイル。以上!



きょうは3人の子どもたちにそれぞれ「実験」してもらうために
卵と玉ねぎを各1個ずつ用意しましたが、実験を終えて思ったのは
卵2つに対して、玉ねぎ1つくらいの量でじゅうぶん、足りました!

まずは子どもたちに、玉ねぎの皮をむいてもらいます。
恐2.jpg








せっせ、せっせとむき終えたら
玉ねぎ、回収。「これは使わないんだよ。」

「ええーーーっ! 」と驚く子どもたち。

今回、使うのは「玉ねぎの皮」なのー!
かなりビックリだよね。まだ実験の準備段階なのに!

続いては、むいた玉ねぎの皮で卵をつつみます。
皮を少しお水でぬらすと、張りつけやすいみたい!
恐3.jpg








「???これでいったい、どーなるの?」と子どもたち。

さらに、さらに!
それをアルミホイルでつつみます!
恐4.jpg








どんな風になるのかはわからないけれど
たのしそーにクルクルつつんでいく子どもたち。
息子・空良は「実験」がだいすきなので、
仕上がり結果を知らないまま、とにかく
時間をかけて丁寧に皮を重ねていました。
恐5.jpg








「こんな風に巻いても、おもしろそうだなあー。」
どうなるんだろう?わからないから、おもしろいね!

全員分がつつみ終えましたー。
恐6.jpg








それぞれの卵がわかるように、アルミにお名前も書いたよ♪

では、アルミ卵を、ゆでたまごにしていきます!
★ゆでたまごのコツ★
卵がかぶるくらいのお水を用意します。
お湯をじゅうぶん沸騰させてから、卵を入れて約7分!
恐7.jpg








お鍋の中がフシギな色になってきました~。

茹であがったら、アルミホイルごと冷水に入れて冷まします。
冷めたら、アルミと玉ねぎの皮を取りのぞいて・・・

できあがり! (・∀・)

みなさま、御覧くださーい!
恐8.jpg








「恐竜のたまご」です!!!

玉ねぎの皮によって、卵のカラにふしぎな模様が描けるんだよー!
とーーーってもおもしろい!
実験の検証をしてみました。
大きな皮でさっくり包むと、模様もシンプル。
恐9.jpg








重なったところに色が濃く出ていました!
細かい皮を何層にも重ねていた空良の卵は
恐10.jpg








複雑な模様でした!
ピキッとちょっと、割ってみたら
恐11.jpg








中からほんとに、ちいさな恐竜が出てきそう!

ちなみに!
中はフツーのゆでたまごで
玉ねぎの香りなども特になく、
いつものようにおいしくいただけます♪

お友達が作ってくれた恐竜の卵は、カラをむいたら
恐12.jpg








卵の表面が、みずたま模様でした!

「カラをむいても恐竜のたまごだー!」
「おもしろーい! これはやっぱりニワトリの卵じゃないよー!」
模様がついても、味は「ゆでたまご」だったようですが
いつもよりもおいしい! と言って食べていたよ。 (・∀・)

かんたん&あっという間に出来るうえ
想像力まで刺激してくれる、
たのしい実験お料理でした♪
奥山恐竜.jpg
おくやまよしえ(女優・タレント)/東京都生まれ。1992年、映画「喜多郎の十五少女漂流記」でデビュー。
2001年に結婚。翌年、長男を出産。昨年秋は次男を出産し、現在は2児の母。
NHK「すくすく子育て」、TBS系ドラマ「キッパリ!」主演を経て、テレビ、ドラマ、雑誌などで活躍中。
特技はイラストを描くこと、手芸。
奥山佳恵のてきとう絵日記

Prev

Next

MOE最新号

MOE 2013年12月号

大特集 「絵本の力」皇后美智子さまが子どもたちに贈られた絵本

Books

かぞえてみよう

親子であそびなら、数字やどうぶつをおぼえられる、はじめての「かず」のえほん!(さく・さかざきちはる)

しばわんこドリル~はる なつ あき ふゆ~

しばわんこできせつをたのしくおけいこできる!かわいいおりがみつき。(絵・川浦良枝)

うんこしりとり

こいぬのうんこ→こうちょうのうんこ→...エンドレスにつづくよ、うんこしりとり。このつくうんこを だしきろう!(tupera tupera/作)