料理・手づくり

2013.04.01

ママフォトグラファーのはなし 第6回「ピントのこと」

chu.JPG

公園もチューリップが満開です!
さて、どの花にピントが合っているでしょう?


こんにちは!志田三穂子です。
今回は、ピント合わせのコツについておはなししましょう!


ピントを自分が合わせたい場所に合わせられるのが、
一眼レフカメラの特徴であり利点でもあります。

ピント合わせの方法には、
MF(マニュアルフォーカス、手動ピント合わせ)
AF(オートフォーカス、自動ピント合わせ)があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オートフォーカスの使い方

子どもの撮影では、子どもは動きがあって
じっくり手動でピント合わせをするのは難しいので、
ここでは、カメラが自動でピントを合わせてくれる、
AF(オートフォーカス)の使い方を見てみましょう。

AF(オートフォーカス)でピント合わせをするとき、
一眼レフカメラでは、ファインダーをのぞいて、
真ん中に、ピントを合わせたいモノをもってきます。
そして、シャッターを半押し(押しきらずに途中で止める)すると、
自動的に、真ん中のモノ、中でもカメラから見て一番手前にあるモノに、
ピントが合うようになります。

ピント合わせに慣れないうちは、子どもが真ん中にくるようにかまえ、
半押しして、ピントが合ったことを確認して、シャッターをきります。

真ん中でピントが合わせられるようになったら、
子どもを真ん中からずらした構図で、
子どもにピントを合わせてみましょう。

下の写真は、絵本をめくる子どもの視線を意識して、
子どもを真ん中から少しずらした位置にくるようにしています。
余分な空間をうまく残すと、空気感のある写真になります。

yoko.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空間を生かした撮り方

ここで使うのが、カメラのAFロック機能
AFロックとは、シャッターボタンを半押ししてピントを合わせた後、
半押ししたままカメラの向きを動かしても、
ピントが合った場所が固定される機能です。

合わせ方は、最初に子どもがファインダーの真ん中にくるように
カメラをかまえてシャッターを半押しし、
ピントが合ったことを確認してから、
半押ししたままカメラの向きをずらします。

子どもから離れた場所からカメラをかまえるときは、
まず、子どもが真ん中にくるようにかまえて、
シャッターボタンを半押しすれば、
子ども全体にピントが合うので、
そのままカメラの角度を少しずらして構図を決めて、
シャッターボタンを最後まで押し込みます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アップで撮るとき

次は、もっと子どもに寄ってアップで撮ってみましょう。
子どもをアップで撮るときは、
基本的には、カメラから見て近い方の目にピントを合わせるといいでしょう。
全体にやわらかい雰囲気の写真でも、
目にピントがしっかり合っていると、
ぼやけた印象になりません。


下の写真は、カメラから見て近い方の目にピントを合わせています。

migi.JPG


さらに寄って目にピントを合わせると、
瞳が強調され生き生きした写真が撮れます。

shomen.JPG


瞳を真ん中にもってきてピントを合わせ、
カメラの方向をずらすときは、
最初にピントを合わせた位置とずらした位置の、
レンズからの距離を変えないように気をつけます。

カメラから子どもまでの距離が遠いときは、
カメラの向きはそれほど変わりませんが、
近距離からの撮影になるほど、カメラを動かす角度が大きくなります。

寄ってアップで撮るときは、特に注意をしないと、
思う場所にピントが合わない写真になってしまいます。

カメラ自体も動かないようにしっかりかまえ、
ずらした後も、しっかりとストップさせてから撮ることがコツです。

子どもに動きがあるときは、
真ん中に合わせてからずらす間に子どもが動いてピントが外れてしまうので、
この方法は、子どもに動きがないときに試してみてくださいね!


ほかにも、カメラによっては、カメラの設定で、
自動的にピントを合わせる位置を真ん中以外に設定できる
カスタム機能がついているものもあります。
上級者は、そんな機能も使ってみるといいでしょう。

ピントを思う場所に合わせられるようになると、
写真の印象が変わります。

ピントを操って、印象的な写真を目指しましょう!




第1回「瞳のこと」はこちら
第2回「レフ板のこと」はこちら
第3回「表情のこと」はこちら
第4回「レンズのこと」はこちら
第5回「バースデーケーキ」はこちら


しだみほこ/横浜市生まれ。雑誌・広告、カレンダー、ポストカードの撮影に加え、
2011年より、子どもをより自然に撮影する一軒家撮影「kids photo lumiere」を始める。
2児の母。著書に、世界各地にテディベアを連れていき撮影した写真集
『ごきげんテディ』『Cuddly Bears』。
キッズフォトルミエールブログ http://lumiere65.blog.fc2.com/
キッズフォトルミエールfacebook http://www.facebook.com/kidsphoto.lumiere

Prev

Next

MOE最新号

MOE 2013年12月号

大特集 「絵本の力」皇后美智子さまが子どもたちに贈られた絵本

Books

かぞえてみよう

親子であそびなら、数字やどうぶつをおぼえられる、はじめての「かず」のえほん!(さく・さかざきちはる)

しばわんこドリル~はる なつ あき ふゆ~

しばわんこできせつをたのしくおけいこできる!かわいいおりがみつき。(絵・川浦良枝)

うんこしりとり

こいぬのうんこ→こうちょうのうんこ→...エンドレスにつづくよ、うんこしりとり。このつくうんこを だしきろう!(tupera tupera/作)