料理・手づくり

2013.09.03

ママフォトグラファーのはなし 第11回「スクラップブッキング」

11-1.JPG

いただいた花束も、写真に撮って残すと、後々まで楽しめて嬉しさ倍増です♪



こんにちは! 志田三穂子です。
デジカメやPCに写真がたまってきていませんか?

今回は、写真の撮り方から離れて、
プリントした写真をより素敵に飾ったり保存したりできる、
スクラップブッキングをご紹介したいと思います♪



スクラップブッキングは、写真を好きな色や柄の台紙に貼り、
文字や飾りをつけて仕上げていくもので、
アメリカでは古くから親しまれているそうです。

アメリカ帰りの志穂さんの主宰する、横浜の本格的なスクラップブッキング教室、
Greenwood Scrapbookingにお邪魔して、志穂さんのご指導のもと、
スクラップブッキングのプロセスを見ていこうと思います。
教室には、志穂さんのセンスが光るセレクトで、
シックで素敵な紙や飾り、スタンプやシールなど、種類豊富にそろっています。



おおまかな順番は、こんな感じ。

1.写真選び
2.レイアウトを決める
3.紙を選ぶ
4.カットする
5.貼る

今日は、友人にお客さんになってもらい、
スクラップブッキングのプロセスを見せていただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. 写真選び


数ある写真の中から、これは残したいという写真を厳選します。
表情重視で選んでも、楽しい作品ができそう。

11-2.JPG



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2. レイアウトを決める


次に、おおまかなレイアウトを決めます。
土台の大きな紙の上に、さらに小さめの紙、上に貼る写真、文字などのだいたいの配置を決めます。
たとえば、こんなふうに。

11-3.JPG



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3. 紙を選ぶ


土台の紙と小さめにカットする紙(写真の下にくる紙や、空間を埋める紙)を、
色や柄の組み合わせを見ながら決めていきます。

写真の下にくる紙は、マットと呼ぶそうですが、写真が生きてくるような紙を選びます。
土台の紙と写真の間にマットを敷くだけで、仕上がりがちがってくるそう。

柄と柄の組み合わせは難しいので、
写真の下にくる紙=マットは、無地にした方が写真が生きてくるそうです。

11-4.JPG


写真の色味を見ながら、実際に紙の上に置いて合わせてみたりして、
写真が映える紙を選びます。

11-5.JPG



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4. 紙をカットする


写真の下に敷く紙(マット)を、写真に合わせてカットしていきます。

11-6.JPG



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5. 貼る


マットに写真を合わせ、貼っていきます。

11-7.JPG


空間は、色をもってきて埋めてみたり、わざと残したり。
実際に紙を置いて確かめながら、決めていきます。

11-8.JPG


この過程でも、紙をカットして合わせていきます。

11-9.JPG

11-10.JPG


文字を貼りつけ、完成です!
アルバム用に(見開きになるように)、2枚を組み合わせています。
シンプルですが、右に余白を残しているのが、ママのこだわりのバランスです。

11-11.JPG



こんな飾りや文字をつけたり。

最近ではスクラップブッキング用品もいろいろなお店で見るようになりましたが、
包み紙やネットでみつけたきれいな模様の紙をプリントして
自分で好きな形に切り抜いたり、
オリジナルのものを考えるのも楽しみですね。

11-12.JPG



ここで、豆知識。
アルバムに写真を貼ったままにしていて、
写真のまわりが黄色く変色してしまった、という経験はありませんか?
黄色くなるのは、酸化が原因なんですって。

Greenwood Scrapbookingでは、紙やのりなど、
使用する素材に酸が入っていないものを使う、
アシッドフリーにこだわっているそうです。

市販のもので、文房具屋さんなどで手に入る、
アシッドフリーののりも教えていただきました!↓

11-13.JPG



志穂さん作のスクラップブッキングの数々。
色や配置で、雰囲気が変わります。

11-14.JPG

11-15.JPG


少し写真を浮かせて、立体的にしてみたり。

11-16.JPG




特別な場所でもない何気なく撮った写真でも、
スクラップブッキングによって特別な一枚になります。
スクラップブッキングが完成したら、
アルバムに入れたり、額に入れたり、飾るのが楽しくなりますね!

スクラップのやり方は、紙選び、色や模様、カットの仕方、飾りの付け方などで、個性が出ます。
こうしなければならないという決まりはないので、
みなさんも、自由に写真を活用してみてください!


Greenwood ScrapbookingのホームページやFacebookにも、
いろいろなスクラップブッキング例が載っているので、のぞいてみてください。
Greenwood Scrapbooking 
↓サイトはこちらから。
http://greenwoodsb.s2.bindsite.jp/index.html
スクラップブッキングに使える無料素材、素敵なサイトみつけました↓
http://www.wolca.info/special/dl/collage_free_data.html



第1回「瞳のこと」はこちら
第2回「レフ板のこと」はこちら
第3回「表情のこと」はこちら
第4回「レンズのこと」はこちら
第5回「バースデーケーキ」はこちら
第6回「ピントのこと」はこちら
第7回「ボケのこと」はこちら
第8回「露出のこと」はこちら
第9回「構図のこと」はこちら
第10回「部分(パーツ)を撮る」はこちら



しだみほこ/横浜市生まれ。雑誌・広告、カレンダー、ポストカードの撮影に加え、
2011年より、子どもをより自然に撮影する一軒家撮影「kids photo lumiere」を始める。
2児の母。著書に、世界各地にテディベアを連れていき撮影した写真集
『ごきげんテディ』『Cuddly Bears』。
キッズフォトルミエールブログ http://lumiere65.blog.fc2.com/
キッズフォトルミエールfacebook http://www.facebook.com/kidsphoto.lumiere

Prev

Next

MOE最新号

MOE 2013年12月号

大特集 「絵本の力」皇后美智子さまが子どもたちに贈られた絵本

Books

かぞえてみよう

親子であそびなら、数字やどうぶつをおぼえられる、はじめての「かず」のえほん!(さく・さかざきちはる)

しばわんこドリル~はる なつ あき ふゆ~

しばわんこできせつをたのしくおけいこできる!かわいいおりがみつき。(絵・川浦良枝)

うんこしりとり

こいぬのうんこ→こうちょうのうんこ→...エンドレスにつづくよ、うんこしりとり。このつくうんこを だしきろう!(tupera tupera/作)